膝の痛み情報館

膝の痛み(膝痛)変形性膝関節症などの膝関節痛の症状原因治療予防についての情報です

装身具で膝の痛み対策

サポーター・インソール・杖などの装身具を上手く使えば、膝の痛みを軽減し、膝関節の曲げ伸ばしを楽にして日常生活の動作や歩行を助けてくれます。また、膝関節の負担を軽くしたり、膝の痛みでできない動作を助けてくれる便利な道具もあります。上手く利用すれば日常生活の活動範囲が広くなり生活の質QOLも向上します。

膝痛の装身具対策

 市販サポーターの選び方

膝用の市販サポーターは、膝を固定するサポーターと膝を保温するサポーターの2つに大別されます。効果的で使いやすいサポーター選びが大切です。膝痛で治療中の場合は、医師に相談してください。

○膝を固定するサポーター:歩いたり軽い運動の時は、膝を固定するタイプのサポーターを使用します。両面テープ(マジックテープ)などで膝周りに合わせて締め付け具合を調節して膝を固定できるサポーターをおすすめします。固定型サポーターは膝への負担を和らげて膝を安定させて運動をしやすくします。自宅などでじっとしている場合はサポーターは外しておきます。弱った筋肉が充分に強くなれば、サポーターは不要です。膝を保温するサポーターとの併用も良い方法と考えられます。

○膝を保温するサポーター:膝を保温するサポーターは、寒い時期やエアコンで膝関節が冷える場合に使用します。毛糸編みなどで筒状になっています。膝を固定するサポーターとの併用も良い方法と考えられます。

 機能的膝装具

プラスチックや金属のフレームで作られている機能的膝装具は、膝関節の安定性を高めて膝痛の緩和を目的としています。簡単な装具は取り外しが簡単ですが、膝関節の安定効果は高くありません。一方、大掛かりな装具は膝関節の安定効果は高いのですが、取り外しが面倒で、費用もかさむという難点があります。

 足底板(インソール)

足底板(インソール)で重心の片寄りを改善します。足底板(インソール)は、内側が低く外側が高くなっている中敷は、重心を外側にずらします。O脚の場合は、インソールを利用することで、膝の内側にかかる負担が軽減します。
変形性膝関節症の初期~中期の変形がさほど強くない時期に有効とされています。症状が進んでいる場合は、インソールでは対応しきれないことがありますから、医師に相談してください。

 杖

杖は体重を分散させますので、歩くときの膝の痛みを和らげますし、転倒防止にもなります。日常生活ではT字杖が使用されます。
膝関節の軟骨は、無理に使えば使うほどに減ります。膝痛は膝の声です。膝の軟骨を長持ちさせるには、膝の声を聞いて、膝が痛い時は、見た目は気にせずに杖を使うことをおすすめします。杖を正しく使えば膝への負担を減らし、膝の痛みが和らぎます。

 膝痛に便利な道具

膝関節に負担がかからないように、生活しやすいよう助けてくれる道具を利用しましょう。

○正座補助具(正座椅子):できるだけ椅子に座るのが膝に負担がかからないのでよいのですが、正座をしなければならない時もあります。そのような時は、正座補助具(正座椅子)を利用して膝に体重がかからないようにします。

○くつ下エイド:靴下を履くときの助けになります。

○シャワーチェア:お風呂の洗い場で使用します。座面の高い椅子を使用することで、膝を深く曲げずにすみますから、膝関節への負担を軽減します。

○リーチャー:遠くのものを引き寄せたり、床に落ちたものを拾ったり、手の届かないところの物をとるのに便利です。

 - 膝の痛みのケアと予防

PC用

PC用

  関連記事