膝の痛み情報館

膝の痛み(膝痛)変形性膝関節症などの膝関節痛の症状原因治療予防についての情報です

膝痛の民間療法

膝痛の治療に関わる病院以外での治療(民間療法)には、整体・接骨・カイロプラクティス・オステオパシー・鍼灸療法などがあります。病院で膝の痛みの原因を確認してから民間療法を検討することをおすすめします。

整体の治療

整体とは、脊椎、骨盤、手足など体全体の骨格の歪みやズレの矯正や骨格筋の調整を手技により行い、症状の治療を目的とした民間療法です。
現在の整体は、オステオパシー、カイロプラクティックなどの欧米で生まれた手技療法、中国医学の手技療法、日本武術を基にした手技療法などを混合させたものです。「整体」は野口晴哉氏が創始した治療法の名称でしたが、現在では他治療法でも「整体」と称されるようになったため、野口氏の整体を「野口整体」とい呼びます。
日本における整体には資格がありません。また、整体は医療として認められておらず保険の適用外です。また、「厚生労働省認可組合指定」と表記している治療院がありますが、この「指定」は厚生労働大臣の許可を得て設立された組合団体に加入していることで、整体そのものを認可していることでも、技術を保証しているものでもありません。

 整体院・治療院の選び方

整体には様々な流派があり、それぞれの治療法に独自の哲学があります。治療者の考え方や技量によって治療方法が変わり、適応症状や対応できる症状は治療院によって違いがあるようですので、受診する前に確認しておく方が良いです。
クイックマッサージやリラクゼーション系の整体は、癒しや気持ちのよさを求めるのに適しているようです。痛み、痺れ、こりがひどい、だるくて体が重く感じる、などの不快な症状には、治療を主にした整体の治療院が良いです。

整骨院・接骨院の治療

整骨院や接骨院は柔道整復師が脱臼、骨折、打撲、捻挫など怪我の治療をする整復院です。柔道整復術は、柔道に含まれる活法の技術を応用して脱臼、骨折、打撲、捻挫などの整復により治療する技術です。
整骨院や接骨院では、脱臼、骨折、打撲、捻挫など怪我の整復に対しては健康保険や自賠責保険が適用・適応されますが、慢性痛など怪我以外の症状には適用・適応されません。

カイロプラクティスの治療

カイロプラクティックは、手による施術です。19世紀に米国で生まれ、今日の米国では、米国公認の資格をもつD.C(ドクター・オブ・カイロプラクティック)が社会的に認められ、世界中に広がっています。
カイロプラクティックは、骨格の歪みや機能的な異常部を独自の理論で発見して整えることで、人体の本来の正常な骨格、神経の流れに戻して、自然治癒力を高めて症状を改善する自然療法です。
カイロプラクティックは、体の歪みを正して関節のズレや捻じれを正すことで変形性膝関節症が改善されるとされています。

オステオパシーの治療

オステオパシーは、骨格などの運動器、循環器、脳脊椎液の循環を含む脳神経など生理学的な医学知識を基に行われる、自然治癒力を促す手技治療とされています。
オステオパシーは、
○マッスル・エナジー・テクニック:椎骨矯正や筋肉緩和
○C・S・T(クラニオ・サクラル・セラピー)頭蓋仙骨療法:脳脊髄液の流れの調整
○内臓マニピュレーション:内臓の活性化
などがあります。

鍼灸療法

鍼灸療法は東洋医学の一つです。鍼灸治療(特に鍼治療)で血流を促進し炎症を抑え、膝の腫れを取り、痛みを軽減するとされています。
○鍼療法と運動療法(特に大腿四頭筋)の併用
鍼灸療法は運動療法を痛みや苦痛なく行いやすくするため、変形性膝関節症に有効と考えられます。

 - 膝の痛みのケアと予防

PC用

PC用

  関連記事