膝の痛み情報館

膝の痛み(膝痛)変形性膝関節症などの膝関節痛の症状原因治療予防についての情報です

膝関節疾患の種類

膝の痛みを引き起こす膝関節疾患には、膝の怪我や事故による急性の膝痛、スポーツによる急性・慢性の膝痛、加齢や長年の膝に蓄積された負担による膝関節の劣化や摩耗(すり減り)による膝痛、腫瘍や細菌性炎症による膝痛など、実に様々です。

中高年と若年齢で見る膝関節の病気

中高年の膝関節痛の原因の最も頻度の高いのが変形性膝関節症です。痛風と似た症状で、膝関節に多く現れる偽痛風と呼ばれるものがありますが、偽痛風の多くが変形性膝関節症に移行するとされています。大腿骨顆部骨壊死も変形性膝関節症に移行するといわれています。
若年齢に起きやすい膝関節の病気・怪我には、膝蓋骨脱臼・亜脱臼、膝関節側副靭帯損傷、前十字靭帯損傷、後十字靭帯損傷、半月板損傷、オスグッド・シュラッター病、膝蓋軟骨軟化症などがあります。

慢性の膝の病気

膝の慢性の病気は、関節が長い年月をかけてすりへったり、初期の膝の障害を放っておいたために起きる膝の病気があります。代表的な慢性の膝の病気には、変形性膝関節症、関節リウマチ、半月板損傷(慢性と急性があります)があります。他にも、前膝蓋粘液包炎(メイド膝)、膝窩嚢腫(べーカー膿腫)、漆蓋骨軟化症、半月板ガングリオン、円板状半月板断裂、血友病性関節症、タナ障害などがあります。

 - 膝が痛い病気

PC用

PC用

  関連記事