膝の痛み情報館

膝の痛み(膝痛)変形性膝関節症などの膝関節痛の症状原因治療予防についての情報です

膝の半月板損傷

半月板損傷は、スポーツによる膝の損傷で多くみられます。半月板損傷は、運動中に着地した時に膝に捻りが加わることが原因で一気に損傷しやすく、膝に強い衝撃が加わわることによる半月板損傷は、膝の靭帯(前十字靭帯や内側側副靭帯)の損傷と合併することが多いとされています。ランニングやジョギングなどが原因でも徐々に起きる場合もありますので注意が必要です。

膝半月板の受傷時には自覚症状が乏しいことが多く、後になってから、膝の内側から後ろ側にかけて痛みが出てきます。痛みの症状は、スポーツの後や長時間の歩行、階段の上り下りなど膝を曲げると出てきす。膝の屈伸時に膝を動かせるるけれども何となくく引っかかるるような違和感があるキャッチングと呼ばれる症状がでることがあります。切れた半月板が関節に挟まって、膝が曲がったまま完全に伸びないロッキングと呼ばれる症状を引き起こして、激痛や可動域に制限がかかって、歩行ができなくなることがあります。また、コリッとかパキッとか表現されるクリック音があったり、関節部が腫れる関節腫脹や結節血腫などがあります。

半月板は大腿骨と脛骨の間にあって、一箇所に衝撃が集中しないように分散させる役割(荷重分散機能)と、膝を安定させて動きを滑らかにする役割(関節安定機能)を持っています。靭帯機能が正常な膝関節の状態では、半月板の安定機能はさほど注目されませんが、靭帯機能が低下した場合は、第二の安定機能として半月板が有効に働くと考えられています。半月板には外側半月板と内側半月板があります。膝を曲げた時に、大腿骨と脛骨の間で半月板が挟まった状態で損傷されるため、体重のかかる後方の半月板が挟まって傷つけられやすく、内・外半月板の後ろの部分のほうが損傷するケースが多くなります。

※膝の半月板は通常三日月型なのですが、先天性に半月型をしていているために大腿骨と脛骨の間に挟まりやすい状態のことがあります。このような構造の場合は、骨の成長期に激しいスポーツで膝の可動域限や運動後の膝痛の原因になります。

※半月板損傷の原因には、外傷の他に加齢があります。加齢によって徐々に半月板が傷んできて、切れたり裂けたりします。外傷による損傷と違い、加齢による損傷は、半月板への負荷が蓄積してバサバサに半月板がさけたような状態で切れます。また、痛みなどの症状もゆっくりと徐々に現れてきます。中高年の内側半月板損傷では後に変形性膝関節症に移行する確率が高いとされています。

 - 膝の痛みとスポーツ障害

PC用

PC用

  関連記事