膝の痛み情報館

膝の痛み(膝痛)変形性膝関節症などの膝関節痛の症状原因治療予防についての情報です

膝の靭帯損傷

膝の関節は靭帯によって、膝を安定させて、複雑な動きができる構造になっています。その分、膝靭帯損傷で靱帯機能が失われると運動機能障害を起こしやすい関節です。膝靭帯損傷とは、膝の靭帯に大きな力が加わることで、部分的また完全に切れてしまう膝の疾患です。
膝関節の靭帯には、前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯の4本あります。内側側副靭帯と前十字靭帯の損傷頻度は高く、後十字靭帯の損傷頻度は低く、外側側副靭帯が切れることは非常に稀とされています。膝靭帯損傷は通常は靭帯の単独損傷ですが、非常に大きな力を受けると複数靭帯の複合損傷のケースもあります。どの靭帯が切れたか、また損傷時のダメージの程度によって症状が異なり、日常生活やスポーツへの影響の度合いが違います。

膝関節側副靭帯損傷

膝関節側副靭帯損傷とは、膝の側副靭帯の損傷です。
内側側副靭帯損傷と外側側副靭帯損傷がありますが、内側の側副靭帯の損傷頻度のほうが外側よりも高く、内側側副靭帯損傷は最も多く見られる膝の怪我といわれています。内側側副靭帯損傷の症状として膝の内側に強い痛みがあり、歩行時に膝に力が入らなかったり、膝が不安定になったりします。大抵の場合は手術をしない保存療法で治ります。痛みがなくとも膝が不安定な状態のままになっていると、水がたまったり半月板や関節軟骨が傷ついて、歩行・階段の昇降・正座で傷みが起こることがあります。膝関節側副靭帯損傷は、前十字靭帯損傷や後十字靭帯損傷と合併することが多いとされています。

前十字靭帯損傷(断裂)

前十字靭帯損傷とは、前十字靭帯の損傷です。前十字靭帯は血流に乏しく、関節内の軟骨や半月板と同様に治りにくい組織です。
急激な減速・方向転換・着地などで膝がねじれて膝くずれになったときに起きます。損傷時に膝が抜けるまたはずれるような感覚とともに、何かが切れるようなブチッという断裂音を感じることもあります。その時の痛みは激痛です。痛みで歩けず、歩けるようになっても膝に力が入らなかったりします。
前十字靭帯は自然につながることがなく、前十字靭帯による膝くずれを放っておくと、1年以内に90%の膝で半月板損傷を起こすといわれています。早期診断とリハビリが必要です。

後十字靭帯損傷(断裂)

後十字靭帯損傷とは、後十字靭帯の損傷です。ケガの頻度は低く、断裂などもあまり見られません。症状は重くないですが、前十字靭帯損傷と合併して損傷をおこしたり、単独損傷をおこしたります。膝下を強打することで損傷が起こります。損傷時に完全断裂であっても痛みや腫れが少なく、自覚症状が乏しいこともありますが、後十字靭帯損傷は放っておくと、膝の不安定感だけでなく、起立時や階段下りでの膝痛の原因になり、また怪我から時間がたつと関節内にたまった血液で腫れて、膝を曲げにくくなることがあります。

※捻挫と靭帯損傷:捻挫とは、捻挫とは捻(ひね)り挫(くじ)くことで、関節に力が加えられて、骨以外の靭帯や関節包などの軟部組織が損傷されて、骨と骨の位置関係がずれていれば脱臼、ずれていなければ捻挫となります。そして、捻挫を起こした時に靭帯の損傷があれば靭帯損傷となります。通常、捻挫をすると靭帯損傷を伴うことが多く、捻挫は靭帯損傷の一つと考えても良いようです。靭帯損傷の中でも軽度のもの、靭帯の一部が断裂したり伸びたりしている状態で、完全に断裂していない状態と考えて良いようです。

※膝関節側副靭帯は、横方向の安定性を保って膝を横にぶれないようにしています。

※前十字靭帯と後十字靭帯は協調して、前後方向の安定性を保ち、膝のスムーズな動きをコントロールしています。

 - 膝の痛みとスポーツ障害

PC用

PC用

  関連記事