膝の痛み情報館

膝の痛み(膝痛)変形性膝関節症などの膝関節痛の症状原因治療予防についての情報です

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、膝関節の関節面を覆う軟骨が変性・摩耗(すり減る)して、関節が変形して、膝が痛い、膝が腫れる、膝の動きが制限されるなどの障害が起こる膝の病気です。はっきりとした原因を特定できないことが多いのですが、加齢、膝の使いすぎ、肥満、O脚、X脚などが変形性膝関節症の原因といわれています。
老化現象ともいえる退行性の変形性膝関節症は徐々に何年もかけて進行することが多く、高齢者人口の増加に伴って増えています。変形性膝関節症の症状の特徴は、膝の変形、慢性的な運動痛、動作の開始時の膝の痛みです。膝に水が溜まることもあります。

変形性膝関節症の種類:一次性・二次性

変形性膝関節症は一次性変形性膝関節症と二次性変形性膝関節症に分けられます。
一次性変形性膝関節症:加齢変化、筋力低下、肥満、脚の歪み(O脚)や足の変形(偏平足)、無理な動作などの様々な要因が絡み合って膝に負担がかかることで、膝関節の軟骨がすり減って痛みが起こります。このように原因を明確に特定できないものが「一次性変形性膝関節症」です。高齢者に多く見られます。
二次性変形性膝関節症:靭帯損傷や半月板損傷などの怪我や、慢性関節リウマチや痛風などの病気といった明確な原因により続発的(二次的)に起こるものが「二次性変形性膝関節症」です。条件によっては若年者も患うことがある変形性膝関節症が二次性変形性膝関節症です。

 - 変形性膝関節症の原因症状

PC用

PC用

  関連記事