膝の痛み情報館

膝の痛み(膝痛)変形性膝関節症などの膝関節痛の症状原因治療予防についての情報です

高齢者の変形性膝関節症

膝が痛くなる病気のなかで変形性膝関節症が最も多く、中高年齢者・高齢者に多いのが特徴です。年齢を重ねるにつれて老化現象の一つとして膝の痛みを訴える人が多くなり、一次的変形性膝関節症と診断されるようになります。加齢変化による変形性膝関節症は、40歳~70歳では男性よりも女性に多く、70歳以上では男女差はなくなります。

正常な膝関節では、筋肉や腱、靭帯や半月板が膝関節にかかる負担を分散したり膝関節の滑らかな動きを支え、軟骨が骨と骨が擦れるのを防いで直接衝撃から膝関節をまもる仕組みになっています。ところが、加齢とともに骨や軟骨は自然に弱くなっていきます。高齢者になるほど膝にかかる負担の蓄積は大きくなっていき、変形性膝関節症を発症します。また、関節液(潤滑液)の減少や筋肉の衰えなどによって変性膝関節症の症状が強く出てくるようになります。変形性膝関節症が進行して重症化するにつれて、軟骨がすり減り骨がむきだしになって、膝関節の表面がデコボコになって、膝が痛む・腫れる・水がたまる・O脚が酷くなるといった症状が現れてきます。そして、立つ座る・歩くといった日常生活に大きな影響が出るようになります。ですが、変形性膝関節症は年をとると必ず発症し悪化するわけではありません。正しい知識と適切な治療で、進行を抑え、症状を軽くすることも可能です。

膝が痛いと膝をかばって体を動かさなくなってしまいます。これでは膝関節周辺の筋肉が衰えて、膝痛の症状を悪化させてしまう悪循環に陥ってしまいます。諦めずに筋力アップや生活習慣の見直しをしましょう。一度すり減った軟骨は元のようにはなりませんが、正しい知識と適切な治療で、進行を抑え、症状を軽くすることも可能です。膝が痛くなったら、症状が悪化する前に早めに専門医にきちんと診察をしてもらいましょう。関節リュウマチや半月板損傷などによる二次性変形性膝関節症もありますから、専門医の適切な診断と治療が大切になります。

※滑膜から分泌される関節液は、膝の関節が滑らかに動く潤滑油と軟骨の栄養を供給します。高齢になるほど、その関節液の分泌量は減少するために、軟骨のすり減りを促進してしまいます。

※膝の軟骨は、主に水やコラーゲン、コンドロイチン硫酸やヒアルロン酸などのムコ多糖類で構成されていて、加齢により体内での生成能力が衰え、減少していくといわれています。

※膝関節を支える筋肉が衰えると、膝にかかる負担が直接膝関節に伝わりやすくなって、関節そのものへの負担が大きくなります。

※膝の痛みは、関節リウマチ、痛風、スポーツや事故などの病気や怪我が要因になって、二次的に変形性膝関節症になる場合もあります。40歳未満では、怪我が原因の二次性変形性膝関節症が多く、男性の方が女性よりも多く発症しています。

 - 変形性膝関節症の原因症状

PC用

PC用

  関連記事