膝の痛み情報館

膝の痛み(膝痛)変形性膝関節症などの膝関節痛の症状原因治療予防についての情報です

変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症で、すり減った軟骨や変形した関節は治療で完全には元の状態に戻すことはできません。ですが、膝の痛みや腫れを和らげ日常生活に支障が出ないように治療することで、変形性膝関節症の症状が進行するのを遅らせることはできます。
変形性膝関節症の治療法には、運動療法、薬物療法、注射療法、温熱療法、サポーター着用、手術療法などがあります。治療の基本は、運動療法と薬物療法などによる保存療法です。保存療法の治療で痛みなどの症状が改善されない場合に、手術が検討されます。

変形性膝関節症の基本治療は保存療法

 運動療法

膝を柔軟にして、筋力を高める治療法です。

  • 大腿四頭筋(太ももの筋肉)を鍛える
  • ストレッチで膝の可動域(動く範囲)を維持または広げる
  • ウォーキングなどの軽い運動習慣を取り入れる

大腿四頭筋(太ももの筋肉)が強くなると、膝への負担を減らすことができますし、膝を適度に動かすことで膝の痛みを和らげ炎症を抑えることができます。運動療法は継続することが大切です。ただし、無理は禁物です。

 薬物療法

外用薬、内服薬、座薬などによる痛みや炎症を抑える治療法です。

 注射療法

膝関節内に薬剤(ヒアルロン酸やステロイド剤)を注入して軟骨の修復を促したり、強い炎症を抑えたり治療法です。

 温熱療法(物理療法)

変形性膝関節症の物理療法の中心になっているのが温熱療法です。マイクロウェーブやホットパックなどがあります。温熱療法は自宅でもできる方法があります。温めたタオルを時折取り替えながら膝の膝深部が温まるまで温めます。入浴も良いです。膝が腫れていたり熱感のある場合は冷やします(冷却療法)。膝を冷やした後に温める場合は、1時間以上あけてください。

 装具療法

サポーター、インソール(足底板)、機能的膝装具などを着用したり杖を使用することで、膝関節にかかる負担を軽減して安定させます。

 手術療法

外科手術による治療です。

○高位脛骨骨切り術:内反変形(O脚に変形)した脚の脛骨を切ってつなげ直すことで下肢の形状を正常に戻す手術です。膝内側の軟骨に掛かる負担を軽減し、疼痛を和らげます。

○人工膝関節全置換術:膝関節の部分を金属やプラスチックの人工関節に取り替える手術です。人工関節の耐久性は20年程といわれています。

○関節鏡手術:関節内に胃カメラのような小さな関節鏡を差し込んで、診察をしながら、劣化した半月板や関節軟骨のデコボコや骨棘を切除したり整える手術です。膝の痛みの原因が、半月板損傷や骨棘で変形がすすんでいない場合などに行われる手術です。

 - 変形性膝関節症の検査診断治療

PC用

PC用

  関連記事