膝の痛み情報館

膝の痛み(膝痛)変形性膝関節症などの膝関節痛の症状原因治療予防についての情報です

変形性膝関節症の薬物療法

変形性膝関節症の薬物療法は、外用薬、内服薬、座薬、薬剤注射などによる痛みや炎症を抑える治療法です。それぞれ長所・短所がありますので、医師と相談して自分にあった処方をしてもらいましょう。変形性膝関節症の薬物療法は、痛みの軽減などの対症療法で、変形性膝関節症そのものを治すものではありません。

変形性膝関節症の薬による治療

 外用薬

変形性膝関節症の外用薬には、湿布薬や塗り薬があり、非ステロイド剤が含まれるものが主になっています。湿布薬(貼り薬)には、温熱タイプと冷却タイプがあります。膝に腫れや熱感がある時は冷却(寒冷)タイプを使用します。塗り薬には、クリーム状やゲル状のものがあります。塗りこむことでマッサージ効果も期待されます。患部に直接吸収され比較的効率よく作用する反面、皮膚に湿疹できたり、痒くなったり、かぶれたりすることがあります。

 内服薬

変形性膝関節症の内服薬は、いわゆる「痛み止め」といわれる非ステロイド系の消炎鎮痛剤です。膝の炎症を抑えて痛みを和らげる作用をします。内服なので湿布のような欠点はありませんが、膝患部だけの効果は期待できず外用よりも効率がよくないようです。また、胃腸障害などの副作用があります。

 座薬

座薬は痛みを和らげる即効性がありますが、使用に抵抗感があったり、慣れないと使いずらい面があります。内服薬にくらべて副作用が比較的少ないとされています。

 注射療法

ヒアルロン酸やステロイド剤を注射して、軟骨の修復を促したり、強い炎症を抑えたりします。注射の後に最も注意しなければいけないのは感染症です。また、痛みがなくなると、普段よりも余計に歩いたりして膝に負担をかけがちです。痛みが和らいだからといって急に激しい運動をしないことも大切です。

ヒアルロン酸:軟骨の成分のひとつにヒアルロン酸があります。関節内に人工的に作ったヒアルロン製剤を注射で直接注入します。軟骨の修復を促して膝の動きを滑らかにします。効き目は穏やかで、定期的に注入できます。

ステロイド剤:強い炎症を抑えるために用いられることがあります。即効性がありますが、感染やステロイド関節症のリスクがあります。やむを得ない場合を除いて、あまり多く行われなくなってきているようです。ステロイド剤の副作用として、骨が弱くなる、皮下脂肪が増える、感染に対する抵抗力が弱くなる、満月様の顔などがあります。

 - 変形性膝関節症の検査診断治療

PC用

PC用

  関連記事