膝の痛み情報館

膝の痛み(膝痛)変形性膝関節症などの膝関節痛の症状原因治療予防についての情報です

変形性膝関節症の運動

変形性膝関節症は、軟骨そのものの老化に加えて、膝に負担(衝撃やねじれなど)が長い期間続いたりして、膝関節の軟骨の変性と骨の変形が進みます。そして、膝に炎症がおきて、膝痛や関節水症(関節に水がたまる)などで日常生活に支障が出ることさえあります。変形性膝関節症の症状の程度に合わせて適切に運動することが大切です。医師に相談しながら行うのが安心です。

変形性膝関節症の運動療法は、膝を柔らかくして、膝を支え動かす筋肉を強くする治療法です。運動療法が変形性膝関節症を直接的に治すわけではありませんが、軽い運動で膝周辺の血流を改善したり、筋肉トレーニングで膝を支えたり動かす筋肉を鍛えることで、変形性膝関節症の悪化を抑えて、膝の痛みを軽減するのに良い方法です。運動療法だけでも症状が軽くなったというケースもあります。

膝が痛いために膝関節をかばって膝関節を動かさないようにしていませんか?膝関節を動かさないでいると関節拘縮が進んで膝の曲げ伸ばしが難しくなります。ストレッチや軽い運動で、膝周辺の新陳代謝を高め、膝の動く範囲が狭くなるのを防ぎましょう。また、膝に負担のかからない体操で筋力をつけましょう。膝を適度に動かすことで膝の痛みを和らげ炎症を抑えることができます。運動療法は膝痛予防にもなります。膝が痛くなる前の予防としてのおすすめなのが、膝痛体操、ストレッチ、軽い運動です。

  • 膝痛体操で大腿四頭筋(太ももの筋肉)を鍛えます。
  • ストレッチで膝の可動域(動く範囲)を維持または広げます。
  • ウォーキングなどの軽い運動習慣を取り入れます。

 - 変形性膝関節症の運動療法

PC用

PC用

  関連記事