膝の痛み情報館

膝の痛み(膝痛)変形性膝関節症などの膝関節痛の症状原因治療予防についての情報です

膝の構造と働き

膝関節は体の中で一番大きな関節です。膝関節は、大腿骨と脛骨が接する部分で、関節全体は関節包で包まれている構造になっています。関節包の中には膝を保護したり滑らかな動きを可能にする役割の膝蓋骨や半月板があり、関節包内のそれぞれの骨が接する部分は軟骨で覆われています。また、関節包内には栄養や酸素を供給する関節液で満たされています。そして膝関節の靭帯・腱・筋肉が膝の安定や動きをコントロールしています。

膝関節の構造と働き

 骨

大腿骨(太ももの部分の骨)と、脛骨(すねの部分の骨)の間の継ぎ目の部分で、膝蓋骨(お皿)を加えた3つの骨からなる構造になっています。大腿骨と脛骨、大腿骨と膝蓋骨の関節面(接触面)は、関節軟骨で覆われています。また、大腿骨と脛骨の関節面には、半月板という繊維軟骨と呼ばれる軟骨があります。軟骨は、骨と骨が滑らかに動いたり、直接ぶつからないようにクッションの役割をします。

 靭帯・腱・筋肉

膝関節には、骨の動きを安定させる靭帯や、膝を曲げ伸ばしする筋肉や腱があります。靭帯は、大腿骨と脛骨の間に4本(ひも状)あって、膝関節を安定させる働きをします。膝を動かす筋肉や腱には、膝を伸ばす働きをする大腿四頭筋・大腿四頭腱・膝蓋腱、膝を曲げる働きをする膝屈筋があります。

 関節包

膝関節全体は関節包という袋に包まれています。関節包の内側は滑膜という薄い膜で裏打ちされています。滑膜では関節液が作られ、膝の動きや関節軟骨への栄養や酸素の供給に大切な役割をしています。

 半月板

半月板は大腿骨と脛骨の間にあって、衝撃を吸収したり、膝関節を滑らかに動かす役割をします。半月板は三日月型が通常で、内側半月板はC型で、外側半月板はO型をしています。先天的に丸く厚い円板型の半月板(円板状半月板)のことがあり、三日月型の半月板よりも損傷しやすい特徴があります。

 - 膝の痛みの基礎知識

PC用

PC用

  関連記事