膝の痛み情報館

膝の痛み(膝痛)変形性膝関節症などの膝関節痛の症状原因治療予防についての情報です

膝が痛い時の検査診断

膝が痛い、膝に違和感があるならば、一度はしっかりと診察を受けましょう。適切な診察と治療が大切です。最寄の整形外科の医院や専門家のいる総合病院があります。かかりつけの医師に相談して、病院を紹介してもらうのも1つの方法です。
膝痛で整形外科を受診すると、基本的なな問診・視診・触診のほかに、血液検査・膝関節液検査・画像検査・関節鏡検査などがあります。

膝関節障害・疾患の基本的な検査

 問診

問診を通して、膝の痛みの原因の見当をつけます。次の段階の検査に移るための大切なものです。どの部分が、いつから、どのように痛いかをハッキリと伝え、膝痛の症状を医師に十分理解してもらいましょう。問診には次のようなものがあります。

  • 痛みについて、いつから痛むか・どの部分が痛むか・どんな時に痛むか・どんな痛みか
  • 痛み以外の症状や、気になること
  • 膝に関わる治療や手術を受けたことがあるか
  • 生活について、仕事内容・立ち仕事のような職歴があるか・スポーツ暦など

 視診

両方の膝を見比べて膝の状態を診ます。受診の際は、両方の膝を出しやすい服装をおすすめします。視診には次のようなものがあります。

  • 歩き方や座り方
  • 左右の脚の色
  • 膝小僧の向き
  • 足の長さの違い
  • 膝の変形(O脚、X脚、XO脚など)

 触診

膝に直接触れて、膝を曲げ伸ばししたり、膝周辺を押したりたたいたりして診察します。触診には次のようなものがあります。

  • 膝の痛みがどこにあるか
  • 拘縮があるか
  • 音がするか
  • 膝に腫れがあるか
  • 圧痛があるか
  • 膝にずれやゆるみがあるか

筋肉(大腿四頭筋や屈筋)の萎縮などの状態も診察します。

膝関節障害・疾患の詳細検査

 血液検査

血液検査で炎症反応の有無を調べて、膝疾患を大きく鑑別します。炎症反応は、白血球の量・赤血球の沈下速度(赤沈)・C反応タンパク(CRP)の値を見ます。炎症反応があれば、関節リュウマチ・痛風・可能性関節炎などが疑われます。炎症反応がなければ、変形性膝関節症・半月板損傷・靭帯損傷・外傷性関節炎などが疑われます。

 膝の関節液検査

膝の関節に水がたまっている時は、注射器で関節液を抜いて検査する場合があります。次の可能性を検査します。

  • 関節リュウマチ
  • 痛風
  • 半月板や靭帯の損傷
  • 細菌感染
  • 関節破壊

画像検査

○レントゲン(X線検査):レントゲン(X線検査)で、膝関節の形や変形の程度を診ます。また、軟骨はレントゲンには写りませんから、関節のすき間の状態から軟骨の減り具合を推定します。

○MRI検査:MRI検査では骨そのものは映りませんが、レントゲン(X線検査)では確認できない、軟骨組織の状態や関節内の炎症を診ます。例えば、すり減っている関節軟骨の状態、半月板損傷や靭帯損傷の有無や程度、神経の状態など

○関節鏡検査:関節鏡検査は日本で開発された検査方法で、膝関節腔に内視鏡を挿入して、モニターで膝関節内の状態を直接見る検査です。この検査方法で観察しながら手術を行うこともあります。

 - 膝の痛みの基礎知識

PC用

PC用

  関連記事