膝の痛み情報館

膝の痛み(膝痛)変形性膝関節症などの膝関節痛の症状原因治療予防についての情報です

足の変形が膝の痛みの原因に

O脚やX脚と同様に、偏平足、外反母趾、指上げ足も膝に負担がかかり膝が変形(変形性膝関節症)して膝痛の原因になるいわれています。また、股関節が硬いことも膝痛を引き起こしやすくなります。股関節がスムースに動かない分、膝関節に負担がかかって、膝が痛くなりやすい原因になってしまいます。

膝痛の原因になる足の変形

 偏平足

偏平足は足の裏のくぼみ(土踏まず)がない状態です。偏平足になると、踵(かかと)をまっすぐ支えられなくなって、踵の骨が外向きにずれて、O脚になりやすくなります。偏平足になる原因には、長時間の歩行や立ち仕事、生まれつき足首から踵にかけて骨が脱臼している、踵の骨の骨折などがあります。
長い間歩いたり立ち仕事を続けると靭帯が伸びて偏平足気味になります。安静にすることで回復しますが、回復しない場合に偏平足になってしまいます。太っている人は偏平足によりなりやすいといわれています。靭帯に与える負荷も大きいためです。
偏平足では、足の裏に受けるショックが全身に伝わりやすいため、疲れやすく、スポーツ傷害を起こしやすいといわれています。歩く習慣をつけたり、足の裏のアーチを作るために足底の筋力強化が効果的です。

 外反母趾

外反母趾は、細いつま先のハイヒールなどを履くことで、足親指の付け根が外側に曲がった状態です。足親指の関節が炎症を起こし、重度では歩くたびに痛みがあります。外反母趾の痛みを避けるために、足の外側に重心を歩くようになるため、O脚や膝のゆがみを引き起こしやすくなります。

 指上げ足

指上げ足とは、足指が反っていたり縮こまって地面に接しないで、足指の付け根と踵の2点で歩く状態です。不安定になるため、体のバランスを取るために、膝だけでなく、腰、肩、頚椎に負担がかかり、頭痛・肩こり・腰痛・首の痛みの原因にもなります。また、踵に重心をおいて歩くために踵により強い衝撃が加わって、過労性の骨破壊による痛みを引き起こすことがあります。外反母趾の場合は指上げ足になりやすいといわれています。指上げ足の特徴としては、足指の付け根部分が大きく、足指の背と付け根にタコがあります。

指上げ足の自己チェック
指上げ足は上から見ても指上げ足かどうか分かりません。横から見てください。そして足指を反らせてみてください。足指全体が上に反っていたり、親指が反っているなら、指上げ足の可能性があります。
手人差し指を足裏に添えて手親指で足親指を反らしてください。90度以上反る場合は、指上げ足です。

 股関節

股関節が硬いと膝痛になりやすいです。太ももやお尻の筋肉は骨盤・股関節につながっています。これらの筋肉が硬くなると、股関節・骨盤の動きが悪くなって、膝に負担がかかって膝の痛みを引き起こします。股関節が硬い⇒骨盤の動きが悪くなる⇒膝に負担がかかりやすくなる
大腿四頭筋を鍛えると同時に、股関節も柔らかくすることは膝痛予防になります。

 - 膝の痛みの原因症状

PC用

PC用

  関連記事