膝の痛み情報館

膝の痛み(膝痛)変形性膝関節症などの膝関節痛の症状原因治療予防についての情報です

膝に水がたまる関節水腫

関節内に関節液(滑液)が異常にたまった病態が関節水腫です。「膝に水がたまる」といわれる水はこの関節液(滑液)のことで、膝の腫れと熱感を伴う痛みの症状がでます。膝に水がたまる原因は、滑膜に炎症が生じることで、関節液(滑液)が過剰分泌される一方で排出すべき関節液(滑液)を吸収できなくなります。その結果、関節内に関節液(滑液)がたまっていきます。
膝に水がたまる膝の病気で多いものに変形性膝関節症があります。他にも水が溜まる膝の病気または障害があります。溜まった関節液(滑液)の色や成分を調べることでどの膝の病気または障害なのか推測することができます。

関節水腫の治療は、関節内の水を抜くことと、水が溜まる原因になっている炎症を抑えることです。「膝の水を抜くとクセになる」と耳にしますが、これは間違いです。水がたまったままにしておくのは、症状を悪化させるだけです。

関節水腫の症状

水がたまった状態が続くと関節内の圧力が高くなって、可動域制限(完全に曲げ伸ばしができない)や関節包の肥大や緩んだ靭帯によって膝が不安定になって膝がぐらつくようになります。

  • 膝に痛みや腫れ熱感があり、重だるい感じがする
  • 膝蓋骨(膝のお皿)を押すと何か入っているような異物感がある
  • 突然の激痛が起こる

関節水腫の原因とメカニズム

膝の病気や怪我などが原因で滑膜に炎症が起こると、関節液(滑液)が過剰に分泌→関節包内の関節液(滑液)が増える→関節の内圧が上昇→関節が不安定になり痛みが出ます。また痛みは、筋肉を緊張させて血流が悪くなる→関節内の異物や化学物質が排出されにくくなる→滑膜を刺激して更に関節液(滑液)を分泌させる悪循環が生じます。
滑膜の炎症の主な原因は、膝関節包内の軟骨や骨の劣化や摩耗でできたゴミや欠片、大きな衝撃による骨や軟骨の破片などが滑膜を刺激するためです。加齢による自然劣化・膝関節の病気、怪我や事故による外傷や骨折が骨膜の炎症の背景にあります。

膝関節液の色で膝の病気障害を推測

正常な関節液は無色透明ですが、病気や障害によって関節液の色や成分が変わります。このことから関節液を調べることでどんな病気なのかを推測できます。

  • 関節液の色が黄色で透明:変形性膝関節症など
  • 関節液の色が黄色で混濁(濁りがある):関節リウマチ、痛風、偽痛風など
  • 関節液の色が白く混濁(濁りがある):化膿性関節炎
  • 関節液でなく血液がたまっている:半月板損傷、靭帯損傷、関節包損傷などの膝の怪我や外傷性関節炎
  • 油の混じった血液:膝蓋骨折などの関節内骨折

関節水腫の治療

関節水腫の治療は、膝関節の水抜きと、炎症を引き起こしている病気や障害そのもの治療です。膝関節に注射針を刺して関節液(滑液)を抜きます。この水抜きで膝の炎症を一時的におさえて症状が悪化するのを防ぎます。炎症の原因になっている膝の病気や障害によって治療法があります。

膝に水がたまる病気

変形性膝蓋関節症、半月板損傷、靭帯損傷、遊離性骨軟骨炎、単純性膝関節炎、関節リュウマチ、骨軟骨腫、痛風、偽痛風などがあります。

 - 膝の痛みの原因症状

PC用

PC用

  関連記事