膝の痛み情報館

膝の痛み(膝痛)変形性膝関節症などの膝関節痛の症状原因治療予防についての情報です

膝が痛い人の日常生活

膝が痛い人が日常生活の中で心掛けてほしい膝痛の予防や対策のポイントがいくつかあります。日頃の生活の心がけで膝の痛みを和らげることができます。膝痛の改善には総合的な健康管理が大切です。少しづつでも生活に取り入れましょう。膝が痛む前、膝が痛くなった時の対処方法も知っておくと安心です。そして、膝が痛いからと安静を続けるといままでできていた動作が難しくなることもあります。専門医に相談しながらの無理のないリハビリが大切です。

膝のケアと予防対策

膝を温める:膝を温めると血行が良くなり新陳代謝が促進されて、膝の痛みなどの症状が和らぎます。膝を温めるのが基本ですが、膝に熱感があったり急性の場合は冷やします。

膝に負担をかけない:長時間立ち続けない、重い物を持たない、正座など膝を深く曲げる姿勢を避ける、日常生活の何気ない動作に気を付けるなどで膝への負担を軽くします。また、膝に負担のかかりにくい生活様式や環境にしたり、サポーターや杖を上手く利用して膝の負担を軽くします。

太腿の筋肉(大腿四頭筋)をきたえる:大臀筋、内転勤、大腿四頭筋の筋力の低下が膝痛に影響します。特に膝関節を衝撃から守る大腿四頭筋を強化する運動が大切です。

関節に良い栄養を摂る:バランスの良い食事が第一です。膝痛によいといわれている成分に、グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸、カルシウムがあります。

適度な運動(あくまでも「適度」な運動です):適度な運動は、血行を良くして、関節に栄養が供給されて関節の曲げ伸ばしが楽になります。運動中に痛みが出たら中止して安静にし、早めに診察を受けてください。

肥満を解消する:暴飲暴食は肥満のもとです。先ずは食事のコントロールです。そして運動です。膝に負担の少ない腰掛けてできる運動をおすすめします。

 - 膝の痛みのケアと予防

PC用

PC用

  関連記事